FC2ブログ

ジクロフェナク

大病ではないのだけれど、一週間ほど高熱が続き、仕事を休止している。いまだにほとんど寝たきりだが、今日から家の中で生活するくらいはできるようになった。病院でジクロフェナクナトリウム(ボルタレン)を処方されて飲んでいるのだけれど、その鎮痛作用に本当に驚いている。ちょっと度が過ぎるので、少し怖いほどだ。

どうにも、聞き覚えがある薬品名だと思って少し調べたら、やはり野生生物に中毒を起こしている薬品の一つだった。家畜の医薬品としても広く利用されており、この薬品の治療を受けた動物の死骸をハゲワシが食べると腎臓疾患を引き起こし死に至る。実際、ネパールのハゲワシは、ジクロフェナクの影響により10年足らずの間に全個体数の90%が死亡したと推測されている。そのほか、パキスタンやインドでも同様の状況が起きている。そのため、2007年以降、ネパールでは、絶滅に瀕しているハゲワシを保護するために、家畜用薬品であるジクロフェナクの輸入と生産を禁止したらしい。

日常何気なく病院で処方されている薬でも、意外なところで自然界に影響を与えている。


スポンサーサイト



2012年01月31日 | Comments(0) | Diary
コメント

管理者だけに表示する