FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

1/9(月・祝)彩湖・道満探鳥会

IMG_0787.jpg

今日は彩湖・彩湖・道満探鳥会に参加してきた。

この探鳥会は本当に人気のイベントのひとつで、毎年100-200名程度が参加するらしい。今年は100名以上の参加があったため、道にズラリと列ができ、望遠鏡が所狭しと並んだ。参加者はかなりベテランという方が多いようで、スワロフスキーの双眼鏡や望遠鏡が多いことに衝撃を受けた。100人以上の参加があっても、あまり写真を撮る人が多くなかったのも少し驚いた。

新年にうまく見られなかった富士山が遠くに見え、オオタカ♂が飛ぶという縁起の良い出だしで探鳥会がスタート。風が無かったため、とても暖かく、1月ということを忘れそうな陽気のなか、彩湖の湖畔を歩いた。ハイタカが見つかり、オオジュリンやホオジロ、アオジの地鳴きはよく聞こえる。風が弱いこともあり、ちょこちょこと動き回る小鳥が見やすいところに出てきてくれることが多く、Leicaが大活躍。湖面にカンムリ・ミミ・ハジロ・ただのカイツブリが並び、ミコアイサを見ることもできた。個人的には、この冬初のジョウビタキを見ることができて少し満足した。

参加者の中には、遥か以前の道満のことをよく知られた方がいらしたので、整備される以前に広大なヨシ原が広がっていたころの話を聞きけたのは有意義だった。以前は鳥の地鳴きの合唱が聞けたそうで、参加者が途中で居座ってしまうため、探鳥会なんてものが成り立たなかったらしい。今年は冬鳥が少ないため、その頃に比べると観察種・個体数ともに減ってはいるのだろうけれど、一通りの種は記録された。


IMG_0794.jpg


IMG_0833.jpg
カワウ。彩湖は基本的にねぐらであって、繁殖をしているわけではないので頭の白い繁殖羽の個体は少ない。

IMG_1048.jpg
最近は増えているらしいヨシガモ

IMG_0951.jpg
なぜだか、グランドにいるタゲリ。幼鳥ばかり。

計50種ほどが見られたけれど、カシラダカとベニマシコは声すら聞くことができなかったのが残念でした。
その後は、芝生の上のタゲリとムナグロを見て、「健全な」お茶会をして解散。それにしても、よく歩いた一日だった。
スポンサーサイト
2012年01月09日 | Comments(0) | Events
コメント

管理者だけに表示する
«« 山賊ダイアリー | HOME | GIS »»
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。