FC2ブログ

アサノハカエデ

P5218600.jpg

富士五湖が国文化財になるそうですが。
既にかなり酷いオーバーユースで自然遺産にできない富士山を、さらに荒れ果てさせる原因にならないのか? 少し疑問。
このところ、モラルも常識も事前知識も無い人々がネット・雑誌の情報を頼りに富士山周辺に押し寄せる現状を実感中。
自然保護官の仕事を肩代りして生活している。

森の中で「ここどこですか」「この先は・・」ということを誰かに聞こうとする時点で非常識。その場所で自分が許される行為が何なのかを知らないのも、恥ずべきことだし、法に抵触している。 本当に無知で訪れる人が非常に多くて、日々呆れている。

道のない山を登る・森へ入るのに、地図もコンパスもなく、そもそも林道をどこへ行けばいいのかすら知らないってのは、車から降りた瞬間から遭難しているってことにすら気がつかないのだろうか?

こういった遭難者を作らないために、出版社やテレビ局も情報の提供の仕方をもう少し考えるべきだろうし。行政は地図を示して無知でも入れるようにするのではなく、規制事項の提示をもっとすべきだ。そして、利用者は森や林に入る前に事前の情報収集を怠らないようにする必要がある。どれも常識だと思うのだけれど、意外にどれもまともに行われていない。

世界遺産うんぬんよりは、もっと地域に根ざした活動をきちんとして現状を改善していく必要がある。
スポンサーサイト



2011年05月22日 | Comments(0) | Plants
コメント

管理者だけに表示する