FC2ブログ

ロミオは永遠に。

20071120170700.jpg

胸の中の赤い血をドキドキさせるものが欲しいんだよ。
雪の中に落ちた血の一滴が、真っ白な泡雪を溶かすように。

久しぶりに小説を読んだ。
変わった物語。でも時々響く言葉があった。
「ロミオとロミオは永遠に」
女性の描く男同士ってわりとこんな感じだと思う。

大人になって読んでも仕方ない物語を今のうちに読んでおこう。
今だからこそ共感できるものを。

生きてるとか死んでるとか、幸せとか不幸だとかってのは相対的なものでしかないように感じてきた。

惨殺死体を見つけても、傷つく心さえ失いつつある。
動じないのはいいこと?自分で戸惑う。

どこかで道を踏み外しているかもしれない。
スポンサーサイト



2007年11月19日 | Comments(0) | Diary
コメント

管理者だけに表示する