FC2ブログ

多摩川河口


20071027222513.jpg




今日は多摩川河口のシンポジウムヘ。
多摩川河口の干潟と開発の問題の上で立場の違う人々が議論を交わした。

思い起こせば諫早湾のギロチンからもう10年。その頃の自分が9才だったなんて信じられない。和白の着工からもう何年経っただろう。その前に見たミヤコドリやクロツラヘラサギのいる風景は今でも心に焼き付いている。思うことは昔も今も変わらない。

根本的な問題は干潟を守る法整備が進んでないことだ。
緑地に対しては地球温暖化や人の心との関りで重要性が説かれる一方で日本はあまりに海に対しての配慮がない。規制になるのは全て国際条約だなんて何と間抜けなことだろう。いい加減にしろ!
という怒りはもう何年も抱えているけれど。

自分にしては珍しく、怒りを覚える部分があった。
海には辛い思いがたくさんある。国策としての埋め立て開発とあまりに無視される環境への配慮。僕の自然保護の原点はきっと海だと思う。

ノスタルジーかもな。時々そう思う。
過去には戻れない。でも過去に見た景色が意味もなく壊されることが許せない。
スポンサーサイト



2007年10月27日 | Comments(2) | Diary
コメント
CCC
どうも。結構関東の鳥屋だと有名人だね。
カモメ小僧か。負けてらんないなぁ。
行徳にてCCCというイベント(カワウカウントと箕輪さんの講演とクリスマス会)を12/23(日)に行徳近辺にて行うのでぜひぜひご参加を!!
RANGER URL 2007年10月30日 14:36:15 編集
どうも、土曜日お会いしたものです。
野生動物研究会の掲示板のリンクから来ました!

僕の住んでる三浦半島でも干潟の埋め立てが1960年代にあって、何とか再生できないかともくろんでるとこです。
行徳は、一度失われた湿地を再生したとこなので、すごく注目してます。

これからもよろしくです。またお会いしましょう。
カモメ小僧 URL 2007年10月29日 22:03:15 編集

管理者だけに表示する
«« 収穫祭 | HOME | 空の上 »»