FC2ブログ

LeicaとFX150の話

P9063992.jpg
Leica APOtelevid77 & FX150

P9063986.jpg

    巷で少々以前にブームになったデジスコ。最近は通り過ぎて大抵の人が結局一眼レフに
    走ったせいで収束気味だと思う。
    まともにスコープを手に入れた第一弾が奇跡的にLeica APO Televid77だったことに加えて
    金の無い学生かつ、野鳥の写真を撮れる技術は仕事に必須なので昨年辺りから使っている。
    一通り改造が落ち着いたのでご報告。

P9063996.jpg

    アダプターは当然自作。とは言え、幸運にもターボアダプターをもらったのでそれを基本線に
    日曜大工ということでホームセンターの金属パーツに中古カメラ屋のジャンクパーツを組み合
    わせて完成。伊達に昔から機械バラして遊んでないぞ!という意気を見せられるような出来に
    したかったので塩ビは使わず基本的にネジで汲み上げた。その分重くて少々難儀。
    案外金属パーツが高いので制作費は3000円近いのかもしれない。ちなみに純正品は4万円。
    デジカメはDMC-FX150というまぁ、評判の悪い奴を下取り中古で手に入れたのでおもちゃの
    ような値段。画素は高いんだけど、ノイズが酷すぎて厳しい。デジスコドットコムなどでもアダプ
    ターを売っているけれど、今後デジスコされる方は使わない方が無難かと思う。
    ただ、LeicaのVARIO-ELMARITを使っているので、ライカファンにはたまらない(笑)
    やっぱり、Leicaに対する憧れがあるのは昔からのことなのでライカコンビにしている。

    このコンデジ自体はレンズの秀逸さもあってか広角での描写は優れているので晴れた日に風
    景撮りなら問題ないかと思う。もしくはノイズと白トビを生かしてモノクロにしてしまうのが吉。

    APO Televid77は言わずと知れた最高級品。仕事の都合で様々なスコープを現場で使い比べ
    てきたが、条件の悪い場所でどれだけ鮮明に見えるかということにおいては並ぶものがない。
    でも、デジスコで使っているとどうもシャープさに欠ける印象だったので、こちらも自作の絞り板
    (ステップダウンリング)を組み合わせて使っている。これも売られているものは4000円以上す
    るけれどジャンクパーツを使えば300円。

    残る問題は重心が後ろになりすぎているのでヒップサポートが必要かもしれないことと、雲台
    の変更の必要性。デジスコならよいのだけれど、エレベータを伸ばしても自分の視点より大分
    低い三脚を12時間とか使っていたら腰が痛くて仕方ない。エレベータも変更の必要性あり。
    ・・・でもしばらく仕事はないのか(汗)
スポンサーサイト



2009年09月06日 | Comments(0) | Trip
コメント

管理者だけに表示する