FC2ブログ

出水③ 夜のお話

       ツルを見るのはそう簡単に飽きるものではないのでいつまでも見ていた。
       そうして気が付けば夕暮れが近づく。

       turunohitokoe.jpg
       ツルの一声  E-520 E.Zuiko200mm/F4 F5.6 1/320 ISO800

       徐々に迫る夕暮れに時折大きな声でツルが鳴く。
       何故鳴くのかは知らないけれど、一羽が鳴くと周囲が賑やかになり、
       一体何の声だか分からないような声が辺りに響き渡る。雄大かな。

       こっちも、頑張って喉を鳴らして声真似をしてみたりする。
       「ツルになりたいんでしょ。」と隣から突っ込まれたり。
       でも、どうせなるならもう少し気持ちよく空を飛べそうな奴がいい。

_C296848.jpg
ナベヅルの帰宅  E-520 E.Zuiko200mm/F4 F5.6 1/200 ISO400

       そんな声に呼ばれるかのように、鳴きながら他のツルが帰ってき始めた。


_C296856.jpg
マナヅルの帰宅  E-520 E.Zuiko200mm/F4 F5.6 1/640 ISO400

       でも、写真に撮れるような明るさのうちに帰ってくる個体は案外少ない。
       そんな訳で日が落ちてからが凄かった。

_C297018.jpg
ねぐらへ  E-520 E.Zuiko200mm/F4 F5.6 1/30 ISO100

       どんどん帰ってくるツルの群れ。どんどん暗くなっていく空。
       
_C297084.jpg
塒入り  E-520 E.Zuiko200mm/F4 F4 1/100 ISO1600

       時折ドワっと黒い雲のように群れが沸いては塒へ降りていった。
    
       観光客もカメラマンも寒さに負けてあっさり退散していたのでちょこっと粘ると
       一番最後の帰宅だった。だらだらと長い時間戻ってくるので短気な人には向
       かないかもね。寒いので缶コーヒーは必須。お菓子も必須!?

       小さな小さな水を張った池に一万以上が犇いている声を聞きながら帰路に着いた。


       そして夜。あんまり空腹じゃなかったので悪食でマクドナルドに入ると、
       ここでもツルが飛んでいた!
       _C297116.jpg
       マック  E-520 ZD14-42mm F5 1/6 ISO200

       さすが出水。
       
スポンサーサイト



2008年12月29日 | Comments(0) | Trip
コメント

管理者だけに表示する