FC2ブログ

とっても写真が酷いけど川内。

     朝をゆっくりと過ごして、レンタカーで川内へ向かった。
     日本では迷鳥として時折記録されるだけの、かの有名なカラフトワシが越冬する町だ。

     ポイントに到着してすぐにヤマセミを発見!と言うのはさておき、
     近くにいたバーダーによるとカラフトワシは塒からまだ飛び立っていないとのこと。

     ・・・おっちゃん、さては車中泊で前日から粘っているのか。カメラマン恐るべし。

     そんなわけで少雨の中、朝食のパンを銜えているとドデカイのが飛び出した。
     Aquila属で最小のワシだというけれど、さすがAquila
     というかAquilaをこんな間近で見たことなんて無かったので本当に感動。

karahuto.jpg
カラフトワシ  Greater Spotted Eagle  Aquila clanga

     カメラきちんと準備しとかないとダメだよなぁ・・・。ということでパーチしたところを探す。
     大きいのに案外見つからないものでウロウロしていると発見!
     樹に犬が停まってるかと思うような大きさ。オオタカが基準の頭だと、もう理解不能な世界。
     この為だけに抱えてきたLeicaで覗きながらひたすら感動していた。

     写真はひどいけれど。本当に感激した。そんでもってパンを銜えて更に眺める。

     1993年に飛来してから今年で17度目の冬を日本で過ごしているこの個体。
     繁殖地に帰ればちゃんと連れ合いがいてくれるのだろうか。
     遠い島国日本でたった一羽で過ごす姿も堂々としていた。


_C296804.jpg
アトリ  Brambling  Fringilla montifringilla

      ついでに当たり中を飛び回るアトリの集団を探して撮影。
      ここまで多いとあんまり気持ちいい鳥ではないかも。
      九州は至る所に群れている。

_C296828.jpg
ハイイロチュウヒ  Hen Harrier  Circus cyaneus

      天気が悪いせいか、日中でもハイイロチュウヒが飛び出した。
      カラスに追われるのは猛禽の宿命かも。。。

スポンサーサイト



2008年12月29日 | Comments(0) | Trip
コメント

管理者だけに表示する
«« 出水① | HOME | 球磨川 »»