FC2ブログ

収穫祭


20071102234334.jpg



今日は年に一度の収穫祭。
昨日の台風も嘘のように陽気に照らされた。
ガラガラ脱穀機でモミを外し、唐箕で殻と分離する昔ながらの作業。
遥か昔からこうやって生きてきたんだなぁ、とただそんなことに感動した。 子供たちが集まればけん玉をしたり、どんぐり人形を作ったり、どんなに歳を取っても僕も子供だ。


20071102234649.jpg



大きな冬瓜。たぶん食べたことがないと思う。

スポンサーサイト



2007年10月28日 | Comments(0) | Diary

多摩川河口


20071027222513.jpg




今日は多摩川河口のシンポジウムヘ。
多摩川河口の干潟と開発の問題の上で立場の違う人々が議論を交わした。

思い起こせば諫早湾のギロチンからもう10年。その頃の自分が9才だったなんて信じられない。和白の着工からもう何年経っただろう。その前に見たミヤコドリやクロツラヘラサギのいる風景は今でも心に焼き付いている。思うことは昔も今も変わらない。

根本的な問題は干潟を守る法整備が進んでないことだ。
緑地に対しては地球温暖化や人の心との関りで重要性が説かれる一方で日本はあまりに海に対しての配慮がない。規制になるのは全て国際条約だなんて何と間抜けなことだろう。いい加減にしろ!
という怒りはもう何年も抱えているけれど。

自分にしては珍しく、怒りを覚える部分があった。
海には辛い思いがたくさんある。国策としての埋め立て開発とあまりに無視される環境への配慮。僕の自然保護の原点はきっと海だと思う。

ノスタルジーかもな。時々そう思う。
過去には戻れない。でも過去に見た景色が意味もなく壊されることが許せない。
2007年10月27日 | Comments(2) | Diary

空の上

P9210077.jpg

2007年10月26日 | Comments(0) | Diary

白と黒の幻想

20071024212716.jpg
たまには白黒で。
被写体はホテイアオイ。


夕闇の中でうっすらと光って見えた花。
水に浮かび群生してまるで何かの儀式をしているようだった。

2007年10月24日 | Comments(0) | Diary

20071026095839.jpg

2007年10月20日 | Comments(0) | Diary

青春の風

aswu.jpg 


昨年に引き続き姉の大学の文化祭へ。
うちの大学とはまるで雰囲気が違ってみんな真剣な表情、笑顔が溢れている。いいなぁ。
その辺は私大と国立の差なのか、と溜息。

次、生まれたらお金のある人生で私大に行こう。
そんなことを冗談ながら思う。
グランドもあり、いろんな部活が活発で、誰もが前を向いている。
大人になっても青春なんだなぁ。うらやましい限りだ。

2007年10月08日 | Comments(0) | Diary

一羽の鳥

asdfrgbgfcf.jpg

2007年10月03日 | Comments(0) | Diary
 | HOME |