FC2ブログ

1/9(月・祝)彩湖・道満探鳥会

IMG_0787.jpg

今日は彩湖・彩湖・道満探鳥会に参加してきた。

この探鳥会は本当に人気のイベントのひとつで、毎年100-200名程度が参加するらしい。今年は100名以上の参加があったため、道にズラリと列ができ、望遠鏡が所狭しと並んだ。参加者はかなりベテランという方が多いようで、スワロフスキーの双眼鏡や望遠鏡が多いことに衝撃を受けた。100人以上の参加があっても、あまり写真を撮る人が多くなかったのも少し驚いた。

新年にうまく見られなかった富士山が遠くに見え、オオタカ♂が飛ぶという縁起の良い出だしで探鳥会がスタート。風が無かったため、とても暖かく、1月ということを忘れそうな陽気のなか、彩湖の湖畔を歩いた。ハイタカが見つかり、オオジュリンやホオジロ、アオジの地鳴きはよく聞こえる。風が弱いこともあり、ちょこちょこと動き回る小鳥が見やすいところに出てきてくれることが多く、Leicaが大活躍。湖面にカンムリ・ミミ・ハジロ・ただのカイツブリが並び、ミコアイサを見ることもできた。個人的には、この冬初のジョウビタキを見ることができて少し満足した。

参加者の中には、遥か以前の道満のことをよく知られた方がいらしたので、整備される以前に広大なヨシ原が広がっていたころの話を聞きけたのは有意義だった。以前は鳥の地鳴きの合唱が聞けたそうで、参加者が途中で居座ってしまうため、探鳥会なんてものが成り立たなかったらしい。今年は冬鳥が少ないため、その頃に比べると観察種・個体数ともに減ってはいるのだろうけれど、一通りの種は記録された。


IMG_0794.jpg


IMG_0833.jpg
カワウ。彩湖は基本的にねぐらであって、繁殖をしているわけではないので頭の白い繁殖羽の個体は少ない。

IMG_1048.jpg
最近は増えているらしいヨシガモ

IMG_0951.jpg
なぜだか、グランドにいるタゲリ。幼鳥ばかり。

計50種ほどが見られたけれど、カシラダカとベニマシコは声すら聞くことができなかったのが残念でした。
その後は、芝生の上のタゲリとムナグロを見て、「健全な」お茶会をして解散。それにしても、よく歩いた一日だった。
2012年01月09日 | Comments(0) | Events

1/1(日祝)初日の出と鳥初めを楽しむ+Young探鳥会

_1011533.jpg
日本野鳥の会東京・千葉のイベント、初日の出とスズガモを見る会に参加してきた。

初日の出をみるためには、日の出より早く集合する必要があるため、6:40から開始されるという、少々ハードな日程の探鳥会。今回は30人弱の参加があり、あまり鳥に詳しくない方からデジスコ装備で鳥を見ることに燃えている方まで色々な方の参加があった。

数年前までインターンシップとしてよく自然解説をさせていただいていた行徳の保護区内で鳥を探して歩く。行徳の保護区はかつて海だった場所が周辺を埋め立てられて切り離された内湾と開発を免れた埋立地からなる。人が手を入れて作った土地だったために地盤が緩く、昨年の東日本大震災の折に液状化がおき、地面が裂けたのがニュースで取り上げられたほど。今回の探鳥会も昨年までとは違う安全な道で震災の後を見て回った。

鳥のほうは、ウグイスやアオジの地鳴きを聞きながら、のんびりと散歩。ツグミを見たのはこの冬初めてだった。今年は北方が暖冬なのか、冬鳥がとても少ないらしい。アリスイも飛んだようだけれど、残念ながら見られずじまいだった。そのほか、行徳は関東で最も大きいカワウのコロニーの一つであり、ちょうど12月からカワウの繁殖期のため、繁殖羽の白い頭をしたカワウ達が空を飛び交っていた。

初日の出は雲に覆われてちょっと今一つだったけれど、一応、拝むことができた。
鳥よりも初日の出がお目当てという方もおられるようだったので、少しでも見られて一安心。
富士山は見えず、タカはノスリだけ、ということで一富士二鷹とはならなかったけれど、おいしいナスをいただいた。

_1011539.jpg
「鳥合わせ」の様子

その観察会でどんな鳥が見られたかをみんなで確認しあう「鳥合わせ」。
朝から寒い中歩いた後は、甘酒と豚汁を飲んで解散。


二次会は幹事宅で10時前から19時ごろまでひたすら飲んで食べた。
思えば一年ぶりに会うような方もいらしたり、探鳥会初参加の方も二次会まで参加していただいたり、初対面もなにも関係なく騒ぎまくっていた。

_1011546.jpg

飲み会というのは案外に学ぶことも得ることも多く、ちょっと考えさせられることがあった。

その回答として、今年は頑張ってblog(できれば色々な会報にも文章)を書くことに決めた。
若手の育成、一般に伝えるべき知見の発信、人と人とをつなぐパイプとしての自分の機能を今一度捉え直して、もう一回、表舞台に復帰しようと思う。とはいえ、なかなか腰を落ち着けた暮らしができないので、言葉にして伝えられない分は、ひとまず文字を書くことで何かを伝えていくよう努力するつもりだ。
2012年01月03日 | Comments(2) | Events
«« NEW | HOME |